歯科疾患の診断補助や予防処置、保健指導など、歯科医師をサイドから補助する技術者のことを歯科衛生士と呼び、厚生労働省が管理している国家資格です。歯医者さんに行った際に、歯石や歯垢を除去するスケーリングを行ってくれたり、歯のみがき方を指導してくれる人が歯科衛生士です。いつも歯科医師の横に立ち、治療をスムーズに行えるようにサポートしてくれていますよね。実は、以前までは女性しか歯科衛生士の資格を取得することが出来なかったのですが、最近では男性でも歯科衛生士の資格を取得することが可能になりました。まだまだ数は少ないですが、男性も現場で活躍しています。国家資格としては高い合格率を誇っているにも関わらず、現状では歯科衛生士の数が足りていないと言われています。主な就職先としては、やはり、歯科医院になると思います。大体、歯科医師1人につき、歯科衛生士は2人必要だと言われているのです。しかし、小さな歯科医院だと歯科医師1人につき、1人の歯科衛生士がついて治療を行っています。診療所以外でも、保健所や保健センターなどでも需要があります。これらの場所だと、乳幼児を対象に歯科検診を行ったり、学校などで行われる集団指導をしたり、最近は高齢者の方も多くなっているので、高齢者の方を対象とした口腔診断なども行っています。高齢化社会の影響もあり、介護施設などでも歯科衛生士が活躍しているので、これからますます就職率や求人率がアップしていくのではないでしょうか。